空気圧のお話

| コメント(0) | トラックバック(0)

 私は当店ご購入者様以外にあまり情報提供をしないのですが、近隣で酷い情報が飛び交っていますので、今日はそれを正す情報を書きたく思います。

最近、よくこんな話を聞きます。

(客)「空気圧って指定空気圧の1割増しくらいまでOKなんでしょ?」

答えは「NO!」です。
ハッキリ言って危険です。 昔、BMX(フラット、パーク)のライダーがここ一発で空気圧を高めしているのをみたことがありますが、実際は博打です。 短距離、短時間なら大丈夫かもしれませんが、メーカーの推奨値外で使用すると、低圧すぎるとリム打ちパンクや最悪ビード外れなどにより大事故を引き起こしかねません。 対して高圧すぎると、バーストなどによる事故の危険性が増します。 ・・・なのでメーカー指定空気圧は必ず守って下さい。 

参考までに一般的な仕様領域を書いておきます。

●MTB・・・2bar~3bar(クロカンやトレイルなど山を走る場合です。 ロードなどを走行する場合、指定空気圧付近になります。)


●ロード・・・8bar~10bar(MAX10barの場合。)

 自分の体重、タイヤの食いつき、転がり、乗り心地などの好みにより、セッティングしていきます。

 空気は熱膨張します。 たとえば、朝、気温15度で空気を入れ、昼、気温25度で走行すると更に数パーセント空気圧が高くなっています。 なのでMAX以上入れるとタイヤ、チューブに相当な負担がかかるわけです。  たかが、空気圧と思うかもしれませんが奥が深いですよ! 自転車を適正に走らせるためには重要なファクターです。 安全にも関わることですので十分に注意してください。

 ネットネタやプロもどきの話にはガセがあります。 初心者の方は十分に注意してください。 これから自転車を買おうと思われている方は看板を揚げた責任あるショップで購入しましょう。 是非、当店で!!

 

PS>:チェーンのテンションを抜くのもダメです。 最悪チェーンが絡まって、リアタイヤがロック、大事故につながる恐れがあります。「誰がそんなこと教えてんだ!!」 

 詳しくは次回掲載。 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販も熱い!!   URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--v9j4a9ayg7b8a63a.com/blog2/mt/mt-tb.cgi/45

コメントする

このブログ記事について

このページは、サイクルライフはりま社長が2013年10月23日 20:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SDA王滝2013 秋 「NEXT」」です。

次のブログ記事は「チャレンジヒルクライム 養父・ハチ高原大会 試走」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。