2014年5月アーカイブ

2014年SDA王滝5月大会

| コメント(0) | トラックバック(0)

2014年5月25日
今年も走ってきました

「セルフ・ディスカバリー・アドべチャー クロスマ ウンテンバイク in 王滝」


もちろん100㎞クラスです。 結果はというと・・・・「完走」タイムは自分の時計で9時間30分

と昨年5月大会よりも遅い時間でした。 今回のマシンは2012年の9月大会で初完走した

ときに使ったトレイルバイク「Lapierre TECNIC700」 それを少しリニュアル。 Q-RING仕様

での変速性能向上と車体の軽量化を行いました。 タイヤは、今まではエアボリュームを

もたせるために「2.25」と幅を持たせていたところを、軽量化と走行抵抗低減を狙い

マラソン向けタイヤIRC/ミブロマラソン/26×2.10を使用。 走行抵抗の低減と下りでのリム

うちパンクの予防からエア圧は高めに設定にして挑みました。otaki_str.JPG

AM5時57分恒例のご祈祷の後、AM6:00

にスタート(スタートポジションは後ろの方)

飛ばしすぎないように、落ち着いて林道入

り口を目指します。

林道に入って長い上り・・・。 相変わらず

長い上りです。


10㎞付近で一度休憩。 補給をし、呼吸を整えて再スタート。

 

20㎞近く・・・

「ひょっとすると1CP/3時間を切れるかも・・・」

 と、甘い考えを持ちながら、走りづけ、OTAKI_2014052reg.JPGうっすら雪化粧の御岳山(相変わらず綺麗です。)

を拝んだのち3時間15分で第1CP入り。 

ジャムパンとゲルを補給の後、10分程度

の休憩でスタート。 第2区間はいきなり上

りからのスタートです。 

 相変わらず、御岳山は創大で綺麗です。

(5月は特に)ここで記念撮影!

 ちょっとペースが上がらないところ

で玉砂利のような砂利の海へ入ってしまい、スタック・・・。 クランク数回転分空回りの内、SPD

が外れず転倒!!   万の悪い事に昨年の9月大会で負傷した同じところを大き目の石ころで強打!!

「アウ!」

丁度、目の前にパンク修理をされている方がいて・・・

「大丈夫!?」

声をかけてくれたのですが、恥ずかしさいっぱいで痛いのを我慢して

「大丈夫っす!!」

・・・と再スタート。(今度は少しすりむいただけでした。)

上りも終わり、下りの前に小休憩と補給。


「ダッ」と下って、しばらく走って平地区間へ。

疲労が心配なので20~24㎞/hと飛ばしすぎないように走行します。

「ひょっとしたら12:00までに第2CPに

入れるかも・・・」と甘い考えを持ちながら

走り続け・・・、上りに入り、ガス欠気味で

したが、補給しながら持ちこたえ12:15に

第2CP入り。


 若干余裕はあるも、第3CP(12㎞)に

2時までに入らないといけないので、少し

疲労感はあるも10分程度の休憩でスタート。  
 

 しばらく走ってガレ場の下りポイント。 元気の良いフルサスの先行車がいるのでついて

きます。 前が詰まって、ベストラインが通れず。 時間を稼ぎたいので、あえてガレの酷い

ところを攻めて追い越しをかけます。 いつもなら、難なく通り抜けてしまうところですが・・・

 

「バスッ!!」

 

やってしまいました。 王滝、初パンク!!

 

「素敵なライン通りますね!!」

 

と、元気の良いフルサスの先行車の方に声をかけられ・・・

 

「がっくし・・・」

 

急いで予備のチューブに交換します。

タイヤが傷んでいなかったのが幸いです。(単なるリムウチ) 

ここで活躍したのがTOPEK/トピークの「CO2ボンベ」ボンベ2本で「バスッ!バスッ!」と

エア(CO2)と「パンクするなよ!!」気合を注入。 10分かからんかったとです。 時間がない

のでスタート。  すぐ上り・・・。  ガレ場の上りなので結構大変です。(これがまた長い!!) 

第一区間からの疲労の蓄積とガス欠感があったのですが、ついに腹を空かせてしまいした。

ここはとにかく補給!!。 瞬間系のBCAAも補給。  再スタートしようとするもガス欠でヘロヘロ

になっていたので、反対側に「ガシャーン」と転倒。 また、後から「大丈夫ですか~」と声をか

けられ・・・ 右腕を強打して、大丈夫じゃないけど恥ずかしいので・・・

 

「大丈夫です!!。」

 

と見栄をはって返事。(意味ないんですけど・・・つい!)

 時間が押してきているので、マシンを押しながら少しでも前に進み、回復を待ちます。

 しばらく押して、少し戻ってきてガレも緩くなったので、まだ上りですが「乗り」で上ります。 

 

「やばいなぁ~。」(時間が)

 

残り30分を切りました。


・・・ようやく上りも終わり、下りポイント残り20分を切っています。 全開で下ります。

13:50分、第3CP入り間に合いました。

主催のパワースポーツさんからのパワーバーのおもてなしを受け、ゴール目指して

スタートします。 後23㎞を2時間と少々で走り切らないといけません。 最後に6㎞のロング

の下りがありますが、その前に長い上りがあります。 時間的に余裕があるというわけでは

ありません。 しばらく走って、最後の難所に突入!! 疲労も蓄積され、「乗り」で行くのは辛い。

 ・・・けど、前に進むべく「押し」・・・。 しばらく押してこのままでは、スタートより10時間の

制限時間に間に合わないかもしれないので最後の力を振り絞って「乗り」で進みます。 

15:00過ぎ...

 

「こんな長かったかなぁ~・・・。」

 

・・・と上り続けしばらく・・・。

 

「このペースで完走できるか分かる方いますか~?」

 

・・・と後方から声が聞こえ、

 

「もうすぐ、長い下りだけだから間に合うはずですよ~!!」

 

と、後ろを振り返る余裕もなく返します。


もう下り基調に入っているのにまだ来ない!!(ロングの下り)

 GTジャパンの方(ライトウェイさんの展示会等で面識のある営業の方です。)に追い

抜かれすぐ・・・。

 

「来た!!」(ロングの下り)

 

すぐに全開で下りたいところですが、呼吸と気持ちが整わないので、50m程ながしてから・・・

 

「ドン!!」

 

前方にGTジャパンのジャージが見え、結構な勢いで下ってます。

 

「これは、ついていかないと!!」

 

なぜかへんなスイッチが入って全開で下っていきます。

 

「楽しい!!」


 この楽しさは久々です。 今までの疲れがぶっ飛んでいきます。

楽しいことはアッと言う間。 「最徐行」の表示が見え、すぐゴールゲートが・・・。

2人ガッツポーズでゴール!

ゴール後、

 

「下りすごいですね! 9月もお願いします!!」

 

OTAKI_GOAL02.JPGのサムネール画像

・・・とガッツリ握手。

 

コース上で知り合った方々とも健闘をたたえあいます。

 

「また、秋も走りましょうね!」

 

「王滝での合言葉になってきたかなぁ~。」(秋の時は、また来年・・・・)

 約9時間半と記録的には大したことないと思われる方もおられるかもしれませんが

普段のサイクルライフでは味わえない過酷なMTB約100㎞の過程、みんな大変な

思いで走り切りました。  達成感はヒトシオです。 スタートして最初の上りで帰り

たくなるのですが、完走すれば「次は!」と目標が芽生え、DNFでも「次こそは!」・・・

とこれまた目標が芽生えます。


otaki_1405goal01.JPG 約100㎞走り切った過程も大事ですし

走り切ることが出来なくてもその過程は

大事です。 この経験は、このイベントだけ

でなく色々な場面で必ず、活かすことが

できるかと思います。

  私も今年の秋は、8時間前半(出来れば

8時間切りたい)で完走することが目標に

なっています。

  今回も色々発見(Discovery)がありました。 また、次に活かしていきたいと思います。
 
 MTB持ってる方、興味ある方はSDA王滝是非、参加してみてください。 しんどいですけど

楽しいですよ!

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★   

2014年SDA王滝5月大会

| コメント(0) | トラックバック(0)
 時間がないので手短に・・・。
OTAKI_201405.JPG今から行ってきます。 今回は26インチトレイルバイクです。
 結果報告は、帰ってからになるかと思うのですが、100㎞完走と自己記録更新できる
様に頑張ってきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  






 下りのブレーキの使い方をの質問があったのでレクチャーのあと
スタート。 ここからしばらくは、下り基調なで楽ちんです。

「サク~。」
「ゴー!。」
「ヒラッ!」

(社ちょ)「へへへぇ~(笑)」※

少々の上りも下りの勢いだけで上っていけるのでホント楽ちんです。

※スピードの出しすぎには「注意!!」です。 何事もほどほどに。

長い下りでしたが、楽しいことはアッというまです。
後ろを振り返ると、若干16歳、アウダシオ200の「C」君が一人ついてきてました。

(社ちょ) 「やるなぁ~」

(C)   「下りおもしろいですね!(笑)」

後のメンバーも引き続き下りてきました。
全員そろったとことで、淡路島西コース「サンセットライン」目指してスタートです。

(社ちょ)「日没までにサンセットラインを半分以上は走っておきたいので頑張りましょう!!」

  ※淡路島の西コースは街灯もなく、日が暮れると真っ暗になるのでできるだけ日没後の走行は避けた方が良いのです。

 昼食が遅く、量も少なかったので、一昨年の淡一でジャムパンを買った山崎パンに立ち寄り
捕食をします。 時間も押しているので10分程度で再スタート上って下ってをサンセットラインに
突入です。 「湊」のローソンでトイレ休憩の後、再スタート。 ラスト休憩ポイントのローソン
をめざします。 

・・・で残り30㎞ポイントのローソンに到着!

なんとか日没までにサンセットラインを半分消化できました。 
ようやく先が見えたのでみんな余裕が出てきました。
なんだかんだしていると、周りがうっすら赤くなり始めたので、岩屋港目指してスタート!!

 27~30㎞以下のペースで走り続けますが、距離が縮まるにつれて周りが暗くなってきます。
西の海を見ると、きれいなサンセット!!

(社ちょ)「正に!!」

だんだん周りが見え辛くなってきたので、早目のライトオン!! しばらくしてテールライトもオン!!
2名と少し離れましたが残りは20㎞を切っているので、そのまま岩屋を目指します。

とっぷりと日は暮れ、真っ暗な中をLEDライトだけで進みます。 北淡ICあたりから、だんだんと明石方面の明かりが近くなってきます。 ペースを落とさず、最後の補給で、ヨウカンの残りを食べようと、ポケットに手に入れ取り出したものは...

(社ちょ)「ガーン!!」
     「ゴミだ!!」

 なぜか、ショックが大きかった!!。 別に新品を開ければいいのですが、補給食代もバカにならないので、残り10㎞ガス欠気味ですが踏ん張ります。 真っ暗な中回し続け、野島を過ぎて大橋が見え、右に回ってしばらく...、「道の駅 あわじ」手前のファミリーマートが目に入ります。 

(社ちょ)「帰ってきた~」

 信号のところで、後続を待ちます。
10分か15分くらいだったか、Z5の「K」さん、続いてアウダシオ500Apexの「I」君が到着。
全員揃ったところで、気を抜かず岩屋港までクロージング走行。
 19:50全員無事到着!! 

(社ちょ)「お疲れ様でした~!!」

・・・てな感じで2014年淡路島一周ツーリングPt2は、全員無事、走り切ることが出来ました。
アウダシオ200の「C君」はまだまだ余裕がありそうだったので・・・。

 

(社ちょ) 「逆回りでもう1周行く?」
(C)       「もう1周はいいです!。」
(皆)    「笑」

 
 今回の淡一は、淡路島バーガーを食べに行きましたが次回は淡路島お好み焼きも付け加えて、高カロリーツアーをやってみたいと思います。 

 

(社ちょ) 「それまでに痩せよ~っと」※現在、粛々と減量中です。

 

 というところで、2014年淡路島一周ツーリングPt2の報告をおわりたいと思います。

 来週はいよいよ、SDA王滝2014 5月大会出発です。 今回は1人だけですが、昨年9月大会で落車、負傷で第2CPでDNFとなってしまったので、完走はもちろん、自己記録更新を目指して頑張ってきたいと思います。 今度は良い報告をしたい
と思いますので、応援してください。 よろしく!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★   

2014/淡一Pt2 「淡路島バーガーを食う。」 (その3)

| コメント(0) | トラックバック(0)


39番...46番...

...なかなか68番が見えてきません。


20分が過ぎ、30分が過ぎ...

待つこと60分...

 

(店)「68番のお客様!!」

 

(社ちょ) 「は~い!」
      「待ったました。 68番でございますぅ~!」

      「な、長かったぁ~」

 

 恐るべしGW...。ようやく昼食です。

 「淡路オニオンビーフバーガー

淡路玉ねぎのフライの上にレタス。 その上に淡路牛がちりばめられて...

おなかがすいているので、カブリつきます。

 

(社ちょ)「んふ♥」

 

食べるのに2分もかからなかったです。

(社ちょ)「もっと、注文しておくんだった!」

16:00過ぎ、笑顔の素敵な店員のお姉さんが名残惜しいですが、間食後、時間も押しているので

大鳴門橋記念館を後にします。

・・・つづく

※次回、「2014/淡一Pt2 「淡路島バーガーを食う。」最終回です。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  

(社ちょ)「ハンバーガー目指してGO!!」

awaji_bg.JPG結構急な上りで、昼飯お預けの体にはチョットきつかったとです。
途中からの駐車場待ちの車の横をすり抜け、ようやく「大鳴門橋記念館」へ到着!
淡路島バーガーの売店は人でいっぱいです。
とりあえず並んで、淡路島オニオンビーフバーガーを注文。

 

(店)「68番でお呼びしますので近くでお待ちください。・・・ニコッ!」

 

店員のお姉さんの自然で素晴らしいスマイルに「キュンキュンしてしまいました。」

(社ちょ)「どのくらい待ちかなぁ?」※心の声です。

・・・と思ったその時、

 

(店)「38番でお待ちのお客様ぁ~!!」

 

(社ちょ)「えっ!! まだそこかぁ~!」

 

 

・・・つづく

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://www.specialcycle.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

2014/淡一Pt2 「淡路島バーガーを食う。」

| コメント(0) | トラックバック(0)

5月3日告知通り、淡路島一周に行ってきました。
今回は、初淡一2名が加わってのツーリングとなりました。
今度こそ「淡路島バーガーを食べる!!」の信念のもと岩屋港を出発。
速過ぎず、遅すぎずのペースで第一の難所、立川水仙峡を目指します。
10時20分洲本のファミリーマートで休憩。
今回すきっ腹でスタートしてしまった私はここで朝食をとります。(良いこのみんなはこんな事しちゃダメですよ!!)

(社ちょ)ヨウカンでけじゃさすがにキツイ。

休憩もそこそこに立川水仙峡を目指してスタート。
しばらく走って、水仙峡へ突入。

awaichi_pt2_01.JPG(社ちょ)「自由行動解散!!」
     
今回初参加の当店最年少、若干16歳の若手、「LAPIERRE AUDACIO200」の「C君」がグイグイ上っていきます。
それに負じと、今回淡一2回目のAUDACIO400の「M君が」追従。

(社ちょ)「十代はすばらしい!!」
     「MAX HR200、ほしい。」


全員の到着を待って、残りのぼりを上り、タイトな下り。 awaichi_pt2_02.JPG
お決まりのモンキーセンターで休憩。
GWだけあって、たくさんのサイクリストが集まっています。
今回は、暑かったので水分補給をしっかりとします。
休憩もそこそこに黒岩水仙峡からの上りを目指して出発。

12:30過ぎに黒岩水仙峡からの上りに突入。

(社ちょ)「あとは、若いもんどうしで・・・」(30歳くらい老けた感じで・・・(悲)

上り切ったところで、休憩。

淡路島バーガー目指して下りへゴー!

福良手前の上りを上って、下って14:00前に福良へ突入。
本来なら、昼食・・・と行きたいところですが、あともう少しで淡路島バーガーのある「大鳴門橋記念館」なので
走り続けます。 ※補給食だけじゃきつかったかなぁ~。
鳴門大橋の展望台へつながる上りを上り切って、「大鳴門橋記念館」の麓まで。

FELT/Z5の「Kさん」・・・

(K) この坂、きついよ!

(社ちょ) 「これを上って、淡路島バーガーを食べたら下りなんで頑張りましょう!」

・・・つづく!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://www.specialcycle.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。