「食う」「寝る」「遊ぶ」/補給のお話し

| コメント(0) | トラックバック(0)
  スポーツをするときは、水分補給も大事ですが、エネルギーの補給も大事です。
人間は何もしなくても、成人男性で約1500kal/日程度消費します。 スポーツをすると
運動で消費する(した)エネルギーの補給が必要です。 一説で「脂肪を燃焼する回路が
働いて・・・」と言うのを聞いたことがありますが、そんな器用な一般人は滅多にいません。
「VARM」などのサプリメントを使用すれば、脂肪の燃焼は促進されますが・・・。
脂肪を燃焼するトレーニングと力をつけるためのガチ系のトレーニングとはその性質が異なります。

 特に初心者の方こそ、補給に気を配るべきかと思います。
 100㎞のスポーツペースの走行を初心者が行った場合、ペース配分やペダリング等の効率
劣るためカロリー消費が多くなりがちです。 一時期、素人ネタで「補給は少なく」または
「摂るな」・・・
と言うのを聞いたことがありますが、全くのNGです。
車と一緒でガス欠になってします。 要するに体を動かすためのエネルギーが不足してしまう
訳です。 ひどい場合、脳へのエネルギー(ブドウ糖など)が欠落し「ハンガーノック」...と
言う症状で運動中に意識が飛んでしまうこともあるそうです。(レーサーの人が調子のいい時に
陥りやすい)ホビークラスの練習位では、「力がでない~」。「へろへろ~」。位で済むでしょうが
身になる(脂肪を付けてはいけませんが...(省))トレーニングを行うためにも食べてください。
 食べ過ぎると確かに太りますがしっかりとマネイジメントして消費すれば太りません。
(太り気味の私が言うのもなんですが・・・。) 

 それから、ガッツリ、トレーニングのあとは、タンパク質の補給とプロテインの服用でケアを
行ってください。  タンパク質は過度な運動で傷んだ筋肉を修復するために必要な栄養素です。
プロテインは、鉄分やカルシウム...他運動で欠落した栄養を補給し体のメンテナンスの手助けをしてくれます。 人間は足りないものがあると、体調を崩します。 運動した後、体調が悪い状態が続く場合、疲労以外に不足している栄養があると考えられます。 ここをしっかりとしないと、力をつけるどころか、病気になってしまいます。 人間は足りない栄養素がある場合、別のとことから補おうとする性質もあります。 それが正常なとことろを侵さないとも限りません。 健康のため自転車を始めた方も多いかと思います。 それが健康を害するものになってはいけません。

 あと、過度な運動、レーニング、レース直後の食事は胃の負担の少ないものが
お勧め
です。 前記の最中はいろいろと胃へのストレスが大きく、「とんかつ」などのヘビーなもの脂もの(アスリートの天敵?)は避けた方が無難です。 どうしても食べたい場合は時間を空けて、胃の調子が回復してから、衣をはがして食べた方がいいかと思います。

 今回ザックリしたことを書きました。 あとは、本などで勉強してみてください。
サイスポやファンライドなどに特集で出ていることもあります。 

 「食う」「寝る」「遊ぶ」...知ってる人は年代が分かるな~。

・・・自転車もそうだと思いますよ!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★




 
 



 
 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--v9j4a9ayg7b8a63a.com/blog2/mt/mt-tb.cgi/119

コメントする

このブログ記事について

このページは、サイクルライフはりま社長が2015年3月 4日 01:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「悪徳なショップもどきにご注意を!」です。

次のブログ記事は「《告知》春分の日ツーリング /春・淡一」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。