シマノ・鈴鹿ロード/2018 その③+α

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
 ・・・てな感じでした。

 1時間のサイクルマラソンは、頭を練習に切り替え、序盤はアップ
がてら程々で走り、体が慣れたtころで、色々と探りながら、試しなが
ら、周回を重ねて行き、走り切りました。
 
 オートバイでレースやってた頃、先輩に
 
 「本番(レース)は、最高の練習だ!」。

・・・と教えてもらったことがあります。
 やはり、普段の練習と違って(・・・と言ってもあまり、走れていませ
んが・・・。)
本番特有の緊張感がありますので、思いの他

「おーッ!」

・・・というような、良いポイントが発見出来たり、記録が出たりします。
今回の

「おーッ!」

・・・と、いうポイントを忘れないように、今詰めていっているとことです。

 ホントは、専属のドクターなんていたら、一番良いのですが
アマチュア・プライベートチームにそんな予算はありませんし、仕事柄
頻繁に整形や整体に通う時間もありません。(個人事業主は忙しい。)
 言い訳に聞こえるかもしれませんが、体にいろいろ問題を抱ええ
ていると、大変です。 けど、それもひとつづつ、解決していくと、勉強
にもなりますしの過程が面白いんです。
 
「そんなもので人を教えられるのか!」。

 ・・・と、いう人もいますが、私の場合は、特殊な事情があります。 
お客様に教えることは、ポジション合わせやペダリングの基本+α。
 実力をつけようと思えば、効率の良いトレーニングと反復。 
それだけです。
 もちろん、自転車の組み立て調整もしっかりやってますよ。  
 
 大事なのは、教えてもらう側が、自分が何に困っていて、何が悪くて
どうしたいかを相談相手にっかり伝え、教えてもらったことをしっかり
理解して、改善していく。 そっちの方が、教える側より、大事かと思い
ます。 それができる人が、トップ選手に近づけ、才能のある人が
トップ選手になれるんじゃいでしょうか。
 
 「じゃ、AV40km/hで引っ張れるのか!」

 私の調子いいときで35~37-8㎞/h巡行位ですが、早い人に金魚
の糞みたいにくっついていても、それで実力が付くとは思わないですよ。
それなら、自動車かオートバイにでも引っ張てもらえばいいんじゃない
ででしょうか。
 公道は信号や一旦停止も止まらないといけませんし、2段階右折もしな
いといけません。
 
 「自転車ならOK」。
 
・・・とかって訳の分からん理屈で「ブッチ」する、自信過剰に引っ張って
もらうよりはマシかと思います。
※そんな人ばかり、ということではありません。 ただ、見る限り多いのも事実です。
 
 アマチュア選手。 普通の仕事もあるので練習時間にも限りがあります。
プロ選手やセミプロの選手の様に生活の中心を自転車の方へ持って行
けない方がほとんどです。
 たとえ、平均より遅い人がいても、それを貶したりするのは、如何なもの
かと思います。
 
 1時間エンデューロー、ゴール後、

「ペダリングへたくそ!」

・・・とか、心無い人が、プラットホーム上から叫んでましたが、

「言う人がおかしい」。

 ま、そんな人は、どうでもいいのですが・・・。
とにかく、アマチュアスポーツ(特にイベント)いろんな考え方があり
いろんな事情を抱えている人がいます。 
 何が言いたいか、

「自分が一生懸命やればいいんじゃないですか」。

・・・ということです。
 
 もちろん、優勝できる人、上位の人は、それまで努力し、頑張って
きて、結果を出したのでスゴイことです。  最下位の人も、その時出来る
だけの力を出しての結果。 また、何かの事情で力を出し切れなかった
かもしれません。  しかし、誰もそれを責められません。 
 
 「早いやつがえらい」。

それは、プロの世界です。

 頑張って買った高いロードバイク。 思いっきり走らせる場が

「シマノ・鈴鹿ロードレース」

かと思います。 その「思いっきり」のレベルは、人それぞれ。  誰もケチ
をつけることはできないかと思いますよ。

 
 ・・・なんだかんだありましたが、今年も「シマノ・鈴鹿ロードレース」楽しま
せて頂きました。
 来年も出場しますよ!


シマノ・鈴鹿ロード/2018 
  おわり

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


   


 



 

 








トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.xn--v9j4a9ayg7b8a63a.com/blog2/mt/mt-tb.cgi/289

コメントする

ウェブページ

  • FELT
  • MTB
  • SDA王滝
  • その他
  • タイヤ・パーツ
  • ツーリング
  • ロードバイク
  • 展示会
  • 新着情報
Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、サイクルライフはりま社長が2018年9月 2日 22:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シマノ・鈴鹿ロード/2018 その②」です。

次のブログ記事は「秋の淡路島一週ツーリング①」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。