展示会の最近のブログ記事

GT・FELT/2016展示試乗会(ジーティー・フェルト)

| コメント(0) | トラックバック(0)
 昨日の定休日は、ライトウェイさんのGTFELTGT2016.jpgCHARGE BIKEの展示試乗会へ
大阪は淀川の河川敷公園まで行ってきました。
 今回試乗したのは主にMTB。 気になるハードテイル、ZASKAR(ザスカー)カーボンが650Bで復活したので、一番最初に試乗しました。

 ZASKAR(ザスカー)カーボン持った瞬間、予想どおりの軽さなので、感動はソコソコ。
 河川敷のアスファルトを走らせてみると、ホイールが回転する遠心力だけが伝わってきて「真ん中に重量を感じない」。のに気が付きます。ここで、「おぉ~!!」・・・と感動!!
 乗り心地はカーボンフレーム特融のしなや

ZASKAR_CARBON_2016.jpgかさ。 かと言ってしなり過ぎず
力強いペダリングをしっかりと受け止めてくれる剛性を満ち合わせています。
 昇りは土手をゼロスタートで上ってみましたが、2×10で楽々に昇れる軽さ!! 
トレイルでアルミFRM常用の私には感動的でした。 下りは短い距離でしたが
乗り心地と軽さで「スー」と下れ、アルミの様なしんどさは、無い様に感じました。
 あと、サスペンションですが、「ROCK SHOK(ロックショックス) RECON GOLD
リーコン・ゴールド)」 性能は言うまでもあり余せんが、今年のモデルからリモートロックアウトのシステムが変更になっていて、レバーを押すとオープン。 解除でロックと今までと動きが逆になっており、最初は戸惑いますが、慣れればこちらの方が使い勝手がよさそうです。 動きはかなり軽いです。
 「ZASKAR(ザスカー)カーボン」このアイテムは丁寧に扱えば王滝で強い味方になって
くれそうです。

 次にZASKAR(ザスカー)SPORT。 こちらは「ZASKAR」 ZASKAR_SPORT_2016.jpgのエントリーモデルでアルミ
フレームながら、重量は12.4㎏と軽量。 エントリーグレードながら使える高機能な
サスペンション 「ロックショックス・XC30」 乗って見た感じは、ザスカー・カーボンと比べ
ると「フレームとフォークが付いてるな」ぐらいの感じでエントリーグレードながら軽いことに
驚きました。 昇りは、こちらも2×10ながら、楽に上ることが出来ました。 下りは、カーボン
に比べると若干フレームの固さを感じますが、アルミフレームなので当然です。
 強度、剛性に優れたフレームはトレイルなどで少々荒く扱っても大丈夫かと思います。
 予算的に厳しい方は、こちらから入門して、後でサスペンションをグレードアップ(XC30でも
十分使えます。)すれば、更なる戦闘力アップ間違いなしです。 

 今回、時間の都合で、「ザスカーエリート」には乗れなかったのですが、ザスカースポーツ
のアップグレード版なので、高性能は想像できます。 「GT・ZASKAR」シリーズは非常に
バランスのとれた、ハードテイルMTBかと思います。 走破性と感じる軽さはきっとそこから
来てるのでしょうね。 実際の重量も軽いですよ!!

HELION_2016.jpg 最後に試乗したのでは、フルサスモデル「HELION EXPERT(ヘリオンエキスパート)」
サスペンションはF/ROCK SHOK REBA R/FOX パフォーマンスエリートFROT36 で
リモートロックアウト付。   リア・リンクはI-DRIVEから一新されたAOSシステムで効率の
良いペダリングが可能。
 乗った瞬間、フルサスだけあってザスカースポーツとの重量差約1㎏は感じますが、重さ
といえるものは感じません。  ゼロスタートで土手を上りましたが、こちらも楽に昇れました。 
リアサス、最初3段階のリモートシステムになじめず、オープン状態で上ってしまいましたが
意外に上れてしまいました。 これもAOSのおかげでしょうか?
 フルサスの醍醐味、下りですが土手の短い区間だけでしたが、サスペンションとフレーム
のバランスからすれば、楽ちんで下れることは想像できます。(シッティングで下れたりして...。)
 王滝の最終区間のロングの下りを「ダーッ!!」と行ってみたいですね。
 
 2016年もGT/FELTは熱いですよ!!  すでに入荷している HELION_JIDORI.jpg2016年モデルもあります。
ザスカーは来春の入荷予定ですが、絶賛予約受付中です。 一緒に「SDA王滝」出場
(来年も出ます。)してくれるかたは、特典を用意していますので是非とも当店でご予約
ご購入下さいませ!!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: http://www.specialcycle.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★     

「サイクルライフはりま」東京進出!!...か?

| コメント(0) | トラックバック(0)

 つ、ついに当店が東京進出することに

tokyo_twr.jpgのサムネール画像りました。 ...てなことは今のところあ

りません。  今日は、自転車関連用品

&完成車メーカー合同展示商談会と

SCOTTジャパンの2016年モデル発表

展示会へ東京サ行ってきました。  4:30

起きは眠い!!

  東京貿易会館で開催された合同商談会

 セブンイレブンの電動アシスト付自転車

、エアロアシスタント等のメーカー「TUBU」

さんからのご招待で出席。

 メルセデスベンツのフォールディング(メルセデス公認)やbenz_minivelo.jpgミニベロ。 プラグレス充電式の

電動アシスト車やブチルチューブと変わらない乗り心地と軽さ

を追求した、新しいタイプのノーパンクシステムなどをご紹介い

ただきました。 あっそうそう一番関心を引いたのは絶対緩まな

いネジでおなじみの「ハードロックナット」の自転車向きの汎用

サイズ。

 新幹線や工業用として絶対に緩んではいけないところ

に使用されるので有名なハードロック nopank.jpgナットですが

一般に向きに使用されるM5やM6等のサイズなども開発中と

のことでTOBUさんは電動アシスト付き自転車のアクスル用とし

て利用したいとのことでした。 いつも新しい事にTRYされてい

るTOBUさん。面白いものを作ってくれます。 

 あと、ブース周りでファットバイクがズラリと並んだブースを発

見。 20インチのスリック仕様が面白うそうでした。 あとスポー

ツ車サイズのノーパンクカラータイヤ。  こちらは、ムクの nopank_solid_color.jpg

タイヤをホイールに装着したタイプで平地の乗り心地は

普通のクリンチャーと変わらなかったのでびっくりしました。 fat_mini.jpg

 メーカーの方は段差

での乗り心地や

安全性の面で検証が

必要とのことでこちらも市販化されることが楽しみです。

 

 余談ですが、東京貿易館の地下食堂で食べたカツカレー

が美味しかったです。 肉厚のカツで芯まで十分に火が通

ったウェルダンですが、「スッ!」...とかみ切れる柔らかさでサクサクの衣との触感にカレーとカツ

(肉)の味が絡み合って「バッチグー!!」(死語)...てな感じでした。

 

 午後から北千住の1010で開かられたスコットジャパンさんの展示会。 

 勿論お目当ては2016年「FOIL」。 sct_16foil.jpgのサムネール画像

会場入り口に「バン!!」と展示され

 

ていって、イカツイハンドル周り

が目を引きます。

  2016年「FOIL」ですが、見た

目のイカツさから、ガチガチの

フレームを想像するのですが

2105年モデルより乗り心地が

良くなっているとのこと。 

 かといって剛性が落ちたわけ

ではなくガッツリ回してついてくる

剛性は損なわれていないとです。  現在、試乗車を準備中とのことなので楽しみに待ちたいと

思います。 あと、目新しいところでは人気のエントリーsct_16solace.jpgロードバイク「SPEEDSTER」と

「SORACE」にディスク仕様がラインナップされます。

 今後、普及するであろう、ロードバイクのディスク化

ですので「チェック」です。 カッコいいでsct_16spdstr_disk.jpgすよ!! 勿論

機能も

「GOOD」

です。 

 

 マウテンバイクでは倒立フロントサスペンションフォーク

の・・・・が目を引きました。 Fサスを倒立化することに

よってF周りの剛性が上がり、よじれず、ズバッと突っ込

むことが出来るようになります。 あと、低重心化も可能になるわけです。マウンテンバイクも最高

です。 sct_old.jpg  歴代のマシンたちも最高でした。
  

2016年もSCOTT/スコットは熱いです。
  
これから、各社2016年モデルの展示会シーズン。

 どんなNEWモデルが出てくるか楽しみです。

 

 

 

 さすがに、日帰りの東京は疲れました。  sct.jpg時間があれば、秋葉原をぶらついたりスカイツリーに

上がってみたりしたかったのですが

時間が無く、山手線で秋葉原は素通

り。 スカイツリーは列車内で上の方

をチラ見しただけで終わってしまいま

した。  また、東京サ行ってみたいと

思います。

  あっ! そうそう。 お土産買って

来てます。 先着6名です。 数は

少ないですが、私が食べてしまう

までにご来店くだされ。

 ・・・それでは!!

 

PS>品川のど真ん中ででバックパック背負って、東京タワーにカメラを向けるのは少々勇気が

  いりましたね。 田舎者丸出し・・・って感じで。 「そうだよ。 俺ゃ~田舎者だよ」。「いいじゃ

  ねェか!」。   「東京サ以外は地方なんだしサ」。「大半は地方出身じゃねェか」。

  「てやんで。 ベランめェ~!」(笑) m(_ _)m

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  

SDA王滝2013 秋 「せめて・・・」

| コメント(0) | トラックバック(0)

 時折、片手運転になりながらですが、無事下り終え、第1reg最後の上り。

キツケに「TOP SPEED」を補給。 少し集中力が戻り、しばらく上るもペダリング

が重い・・・。 落車だなんだで、補給をとばしてしまっていたためガス欠の兆候

がではじめていたのかもしれません。 もちろん、GELの補給もしました。 30kmは

過ぎている筈なのなのですが、なかなか「もうすぐチェックポイント」の看板が見えて

きません。 残り30分くらい・・・。 ペースも上がりません・・・・。 焦ります。 

10分前くらいだったか、ようやく「もうすぐチェックポイント!!」の看板が・・・。 

 

(社ちょ) 「間に合う?」

 

 今ある力を振り絞って、クランクを回します。

・・・緩いコナーを抜けた瞬間、CPのゲートが・・・!!

 9時57分 第1チェックポイントクリア。

※リミットは10時00分

・・・つづく

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販も熱い!!   URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  

スコットジャパン展示会 2014

| コメント(0) | トラックバック(0)

 8月28日はSCOTT/SWISS(スコットジャパン-SAN)の展示会へ行ってきました。

スコットはロードでは2013年ツールドフランス上位を走り第7ステージで優勝。 マウンテン

バイクでは今話題の650Bでクロスカントリー/チャンピョンを輩出。 勢いのあるブランドです。addict.JPG

さて、2014年モデルですが、ロードバイクは

ADCITがフレームを一新! パワーの掛かる

とろは剛性を増し、しなやかさの必要なところ

はしなやかさを持たせ、フレーム(カーボン)の

素材レベルから剛性と乗り心地を追及された

仕様になっています。  もちろん、フラッグ

シップモデルのFOILも健在です。  scale740.JPG

 MTBはダウンヒルバクとフリーライドモデルを除いて

650B(27.5インチ)かが図られてました。2014年の

SCOTTは650Bと29erの展開(2ジャンル除く)となり

ます。 650Bは当店一押しです。

genius.JPG

 

 

 スコットさんはパーツ&アクセサリーも充実していま

す。  2014年モデル予約受付中です。 よろしく!!

 bag.JPG

 

遠征用にこれ(右)いいと思いません?

 

 

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販も熱い!!   URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち展示会カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは告知です。

次のカテゴリは新着です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。