ロードバイクの最近のブログ記事

シマノ・鈴鹿ロード/2018 その③+α

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
 ・・・てな感じでした。

 1時間のサイクルマラソンは、頭を練習に切り替え、序盤はアップ
がてら程々で走り、体が慣れたtころで、色々と探りながら、試しなが
ら、周回を重ねて行き、走り切りました。
 
 オートバイでレースやってた頃、先輩に
 
 「本番(レース)は、最高の練習だ!」。

・・・と教えてもらったことがあります。
 やはり、普段の練習と違って(・・・と言ってもあまり、走れていませ
んが・・・。)
本番特有の緊張感がありますので、思いの他

「おーッ!」

・・・というような、良いポイントが発見出来たり、記録が出たりします。
今回の

「おーッ!」

・・・と、いうポイントを忘れないように、今詰めていっているとことです。

 ホントは、専属のドクターなんていたら、一番良いのですが
アマチュア・プライベートチームにそんな予算はありませんし、仕事柄
頻繁に整形や整体に通う時間もありません。(個人事業主は忙しい。)
 言い訳に聞こえるかもしれませんが、体にいろいろ問題を抱ええ
ていると、大変です。 けど、それもひとつづつ、解決していくと、勉強
にもなりますしの過程が面白いんです。
 
「そんなもので人を教えられるのか!」。

 ・・・と、いう人もいますが、私の場合は、特殊な事情があります。 
お客様に教えることは、ポジション合わせやペダリングの基本+α。
 実力をつけようと思えば、効率の良いトレーニングと反復。 
それだけです。
 もちろん、自転車の組み立て調整もしっかりやってますよ。  
 
 大事なのは、教えてもらう側が、自分が何に困っていて、何が悪くて
どうしたいかを相談相手にっかり伝え、教えてもらったことをしっかり
理解して、改善していく。 そっちの方が、教える側より、大事かと思い
ます。 それができる人が、トップ選手に近づけ、才能のある人が
トップ選手になれるんじゃいでしょうか。
 
 「じゃ、AV40km/hで引っ張れるのか!」

 私の調子いいときで35~37-8㎞/h巡行位ですが、早い人に金魚
の糞みたいにくっついていても、それで実力が付くとは思わないですよ。
それなら、自動車かオートバイにでも引っ張てもらえばいいんじゃない
ででしょうか。
 公道は信号や一旦停止も止まらないといけませんし、2段階右折もしな
いといけません。
 
 「自転車ならOK」。
 
・・・とかって訳の分からん理屈で「ブッチ」する、自信過剰に引っ張って
もらうよりはマシかと思います。
※そんな人ばかり、ということではありません。 ただ、見る限り多いのも事実です。
 
 アマチュア選手。 普通の仕事もあるので練習時間にも限りがあります。
プロ選手やセミプロの選手の様に生活の中心を自転車の方へ持って行
けない方がほとんどです。
 たとえ、平均より遅い人がいても、それを貶したりするのは、如何なもの
かと思います。
 
 1時間エンデューロー、ゴール後、

「ペダリングへたくそ!」

・・・とか、心無い人が、プラットホーム上から叫んでましたが、

「言う人がおかしい」。

 ま、そんな人は、どうでもいいのですが・・・。
とにかく、アマチュアスポーツ(特にイベント)いろんな考え方があり
いろんな事情を抱えている人がいます。 
 何が言いたいか、

「自分が一生懸命やればいいんじゃないですか」。

・・・ということです。
 
 もちろん、優勝できる人、上位の人は、それまで努力し、頑張って
きて、結果を出したのでスゴイことです。  最下位の人も、その時出来る
だけの力を出しての結果。 また、何かの事情で力を出し切れなかった
かもしれません。  しかし、誰もそれを責められません。 
 
 「早いやつがえらい」。

それは、プロの世界です。

 頑張って買った高いロードバイク。 思いっきり走らせる場が

「シマノ・鈴鹿ロードレース」

かと思います。 その「思いっきり」のレベルは、人それぞれ。  誰もケチ
をつけることはできないかと思いますよ。

 
 ・・・なんだかんだありましたが、今年も「シマノ・鈴鹿ロードレース」楽しま
せて頂きました。
 来年も出場しますよ!


シマノ・鈴鹿ロード/2018 
  おわり

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


   


 



 

 








シマノ・鈴鹿ロード/2018 その②

| コメント(0) | トラックバック(0)
 40代マスターズB1組ゼッケン№10の私は、グリッド最前列。 
※歳がバレたー(笑)
崩れた調子で「不安満載ー」。の私は、「すすー」。・・・と後方へ
隠れるように下がると・・・、

「10番さん、一番前ねー」。

 ・・・と、最前列へ、戻されてしまいました。(泣)
 スタート時間が近づくにつれて、緊張が高まります。

「パーン」

 ・・・とスターターの合図で、「40代マスターズB1組」がスタート。
メインストレート、最終コーナー(逆回りなので)めがけて、加速
していきます。
 みんな仕上げてきてるので、スタートから、めちゃくちゃ早いです。 
 調子が悪いとはいえ、最前列から、一気に後方へ下がるのは
さすがに恥ずかしいので、少し下がるも、何とか最終→シケイン
・・・と先頭集団に食らいついていきます。
 しかし、アップができていなかったので、息が上がり始め、130R
あたりまで何とかちこたえますが、バックストレートで集団から離され
始めます。 苦しいながらも団が見えるところまで持ちこたえ
スプーンを過ぎてヘアピン。 集団が大周りで入っていったので

「ひょっとしたら・・・」

と、インめがけて飛び込むと、差が一気につまり

「も一回、集団に入れるかなー」。

・・・と、思ったもですが、追いついたのもつかの間、息が完全に上がって
しまって、またされ始めます。 
・・・デグナー手前だったか、前方で落車!

「落車―!」。

・・・と、後方へ大声で叫ぶと、酸欠気味・・・。(情)
・・・失速して、どんどん先頭集団が小さくなって・・・

「あ~あー」。

そしたら、今度は、いつもの病気(病気なのか)。 左足に力が入らない・・・。

「完全に終わったなー」。

・・・で2周を終えゴール。

・・・つづく

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シマノ・鈴鹿ロード/2018

| コメント(0) | トラックバック(0)

 8月19日(日)。
毎年恒例、ロードバイクの祭典、「シマノ鈴鹿ロード・2018」が開催されました。
もちろん、当店も参加。
今年は・・・ szuka_road2018sjpg.jpg

 SCOTT FOIL10 R9100/DURA ACE Di2の同じく、FOIL10/ULTEGURA+FC DURA のチーム最年長「H」さん。 今年R8050 アルテグラ Di2にコンバートした、ANCHOR-CrMoの「K」君の3名
 
 今年は、例年になく涼しかった・・・と言っても熱かったですが、走りやすい気温だった
 ・・・のですが、前日の移動中、新東名が大渋滞で、宿に到着したのが21:30過ぎ。 ホントは、18:00過ぎには到着する予定だったのが大誤算!。 四日市からの移動(AM3:00発)だったので、寝る時間が大分削られてしまい、眠気がとれずちょっと辛かったデイかね。 (来年は、前いつ朝一から移動ですかね。)

 ・・・で結果ですが、(今回は私のは後にしましょう。)
 昨年AV40km/hをたたき出した最年長「H」さんは、50代マスターズ、1Hサイクルマラソンともに上手く先頭集団につけず、向かい風もあって、昨年より少し落としてしまいました。 けど、大健闘だと思いますよ。

 こだわりのCrMo「K」君は、3年前灼熱の時間帯を走った5週。 今年は、1Hマラソンの前8時台と涼しい時間帯。 日ごろから上り主体で走っている努力とR8000コンバートの効果もありAV36㎞/hは大健闘! Di2の長所も体感できたとのことで何よりでした。(ヨカ、ヨカ)

 私は、8月に入るまでは、そこそこ調子は良かったのですが、その後いろいろやりすぎて
直前で調子を崩し、出発前日まで色々探りながら本番を迎えることになり、40代マスターズ・ 86/101位・AV32.22km/h でイマイチに終わりました。
 どんな感じだったかというと・・・。

 

・・・つづく

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

 毎日、暑い日が続きますねー。 ここらで、34℃ですよ!
40℃超えた地域もあるとか。 店の外を打ち水しても、一瞬で蒸発してしまい効果がありません。 夕暮れにやったら、よけいに蒸し暑くなり、店の前が熱帯化してしまいました。(T_T)
grn2s.jpg こんな暑いとき、「手作りジェラートを食べて涼もう!」。・・・とのことで、初心向けのショートサイクリングを実施しました。 今回は、スコット/SPEEDSTER35、ジェイミス/ICON PRO DISK、スコット/FOIL10Duraの3台(3名)9:00過ぎに店を出て、浜国脇の旧道をボチボチのペースで走行。この時間は、ほどほどで走っていると風が涼しくて気持ちいいです。 久々に播磨サイクリングロード(浜の散歩道)を流していきます。
 bike_hangar.JPGのサムネール画像
  二見、江井島、林崎、藤江海沿い(一部を除く)を走り。  10:00過ぎに、手作りジェラートの店ぐらなーと」さんに到着。 
 バイクハンガーにバイクをかけて、入店。

 

「凉しぃ―」。


jerat.jpg 早速、注文。 (私は、ミカンとミルクのダブル)皆さん気になるお味ですが、ここの手作りジェラートは、自社で乳牛を飼育していて、その搾りたての牛乳でジェラートを作っています。 なので味はしっかり、あっ さり甘さで、何個でも食べられるほどのおいしさです。

「ミカン、旨かったすよー」。 他にもたくさん種類があり、お持ち帰り限定のジェラートもあります。  

 

grn1s.jpgのサムネール画像

昨年は、午後から行って売り切れゴメンだったのでしっかり、味わって食べました。
すかり、「涼」めただところで、「ぐらなーと」さんを出て、大蔵海岸を目指します。

 

 okura_bch18.jpg 

11:00頃、明石市/大蔵海岸へ到着。 昼の大蔵海岸は約1年ぶり。(笑) 暑さのせいか、「がらーん」と人があまりいません。 (こういうのも、なんか気持ちいいかも。) 長めの休憩ののち、帰路へ、江井島で1名合流して、「浜の散歩道」をとおり、南二見人口島へ。 せっかくなので、初心者向け「プチ講習会」を実施。  あとは、浜国を通って。13:30頃(だったかなー)店に到着。

 さすがに、この時間になると外気温はMAXで、「酸素密度」も「酸素飽和度」も低いと思われ、息苦しく感じます。 これの時間以降、走ると完全にアウトですねー。

  暑いときは、朝か夕ですね。   

 また、「涼」を求め、心地よいショートをやりたいと思います―。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 この間の大雨のあと、「関東・甲信越が梅雨明けした」。・・・との事で、「近畿も梅雨明けかな?」と思っていたのですが、週明けより、また天気が悪くなって、梅雨明けがお預けになりそうですね。 今晩は、台風の影響か風が強いです。 外に出られる際は、モノが飛んでくるかもしれないので、十分に注意してくださいね。


 さて、今週の日曜は、先日実施した、初級者向け 20180701shot_cyc.jpg講習会のおさらいも兼ねて、ショートツーリング(サイクリング)を実施しました。 久々に加古川右岸自転車道を通り、権現湖―平荘湖を定番の順路で45㎞ほど、25㎞/h~30㎞/h以下の気持ちいい、ペースで走りました。 久々の権現湖は、新緑が青々と風は爽やかで気持ちがよかったです。(日差しはきつくて暑かったけど。) 参加者のみんなは、この間買ったばかりとは思えないくらい、よく走れていました。 ここから、徐々に距離を伸ばしていきましょう。 また、企画しますので参加してくださいね。
 次は、22日に「ショート」やります。 熱いので冷たいものを食べに行きます。

《告知》

暑は、夏い!
「自転車でジャラートを食べに行こう」。 ツアー

日程:2018年7月22日(日)
集合時間:9:40  9:00に変更になりました。
集合場所:「サイクルライフはりま」店前
目的地 :明石市/大蔵海岸 
持ち物 :車載ポンプ、予備チューブ、ツールなどの必須アイテム。 ドリンク、金銭(2,000円程度あれば十分かと思います。)
参加申し込み:電話、メールなどで、当店までお申し込みください。 もちろん、ご来店大歓迎です。
締め切り:2018年7月18日(水)

冷たくて、おいしいジェラートを食べて、涼みましょう。
お申込みお待ちしています。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

6月3日「淡路島一週ツーリング」2018・その②

| コメント(0) | トラックバック(0)

 今回の昼食は、シーフードカレー。 sea_food_cally.jpg
以前に、本格インドカレーを食べた後、センチュリオン・ハイパードライブ4000Diskを走らせたら、強烈によく回ったので、午後一の登坂のゲン担ぎがてら、カレーを食べることにしました。※余談ですが、カレーのスパイスの一つで「クミン」というのが関節(軟骨)に良いらしいです。即効性は、ないかと思います。
 シーフードの名の通り、ホタテなどの魚介類が入っていておいしいカレーでした。 
 12:50尻に根が生える前に出発。 アワイチ、最後の大きな登坂。 昼食直後、この登坂はきついです。 カレーが一皿ご用意できそうです。(お食事中の方、スミマセン。)
その登坂、サンセットラインへつながる道を曲がりそこね、旧の鳴門大橋展望台(道の駅)方面へいってしまいそうになり、大顰蹙。(戻るのに余計な上りを上らないといけません。)
 最後の峠を抜けたところで、丸山漁港付近。 若干向かい風に吹かれますが、カレーが効いたのか気持ちよく、そこそこのペースで走ることができました。 山崎パン(酒屋さんです。)の看板が見えたので、5分だけ休憩。(暑い) 1名不調をうったえているので様子を見ながら、「湊」のローソンまで。 長めの休憩の後、岩屋を目指します。 走行距離130㎞を超えたあたりから、若干疲れがでてきましたが、何とか「郡家」のローソンまで。 いつになく、最初から交代せずに頑張ってます。
「岩屋」まで残り25㎞ アワイチの後半、「25㎞ってこんな長かったなー」。・・・と思いながら、一定のスピードを切らない様に、頑張りますが、ガス欠気味。 何とか、「松帆」のファミリーマートに到着。 ラストの「明石港から店」に備えて、補給をとって17:00過ぎの「ジェノバ」に乗船。 awaichi_1.jpg
 朝と違って新造船の方だったので静かで快適。 気持ち良い転寝の世界に入ってしまいました。 気が付くと、時が15分ワープ!。 浦島太郎の様に・・・(15分でナイナイ)。
 船から降りると、大事なことを忘れていることにづきます。 そう、「記念写真!」。(やっちまった!) 何もないのもさみしいので、ジェノバ乗り場で撮りました。
awaichi_2.jpg 帰りの浜宮国道(通称:浜国/旧国道250号線)は、いつになく快適。 18:30頃店に到着。 
今回のツーリングも事故ケガもなく、無事終えることができました。(ヨカ、ヨカ)
 アワイチは秋にもやりたいと思います。 次回は、淡路の後半バテない様に頑張りますね。
 
 さあ、近畿も梅雨入りしました。 今日は、いい天気ですが、非常に暑いです。 熱中症や脱水症状にならない様注意しながら、無理しない様、走ってくださいね。 根性論は今や、石器時代の話!。  雨の日は、ローラートレーニングにマシンメンテナンス。 梅雨明けに向けて、大掛かりな整備にアップグレードとこのうちにやっておきましょう。
 お待ちしています!

 梅雨が明けたら、ロードにマウンテン。 盛りだくさんで行きたいと思いますよー!。

 

6月3日「淡路島一週ツーリング」2018

    おわり

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


  

 

6月3日「淡路島一週ツーリング」2018

| コメント(0) | トラックバック(0)

 6月3日は久々に「淡路島一週ツーリング」(通称:アワイチ)を実施しました。
 今回の参加者は4名。 コース、行程は・・・、

 「店」―「ジェノバ」―「アワイチ150㎞」―「ジェノバ」―「店」 ・・・走行距離で200㎞弱。

 AM6:00過ぎに店をスタートして、アップをしながら、明石港:ジェノバライン乗り場へ向かいます。 信号に結構引っ掛かりましたが40~45分でジェノバ乗り場へ到着。
 FELT:F75の「K」君と合流。 7:00のジェノバに乗船しますが、今回の船は、旧型の小さい船。 ・・・思わず、「播但汽船」とかいていないか、確認してしまいました。(笑)

「ゲロゲロゲロ!ガォー!ゴー!」と戦中戦後を彷彿させる(終戦前後は、生まれてないです。(笑))様な勇ましい2STディーゼルのエンジン音。 かなり、うるさかったですが、時代を感じさせる音が心地く感じました。 

ジェノバライン旧型船SOUND:https://www.facebook.com/cyclelifeharima/videos/2336968226529629/

 余談ですが、私は、エンジンの音が好きで、中でもガスタービンの音がたまらなく好きなのです。 浜松滞在時、空自浜松基地の「カワサキT4」の離着陸をフェンス越しに毎日おがませていただいておりました。(T4はターボファンなので、音がマイルドで少し静か。) 航空祭の時、F4(ファントム)離陸直後に「鯉の滝登」※航空祭が終わってからのサービスをやってくれたのですが、「ドガーッ!」・・・とアフターバーナーの音が最高でしたね。(ターボジェット最高!)

・・・余談はさておき、肝心の「アワイチ」。 
7:15分には、淡路島/岩屋港に付き、主発準備。 天気にも恵まれ、多くのサイクリストが、淡路島入りしています。 7:30には、「お先にー!」。・・・「行ってらっしゃーい!」。と、同便に乗っていたチームに見送って頂き、出発!。 アップしながら、昼食ポイント福良を目指します。 スタート後、若干向かい風は感じられるものの走りやすく、タンタンとペースを刻むことができ、塩屋ファミリーマート(立川水仙郷手前)で、AV30km/hいつになく、そこそこのペース。 180603awaichi_lnch.jpg
 立川水仙郷は、いつもの様に自由行動でモンキーセンター合流。  全員そろって、休憩ののち灘黒岩水仙郷をへ向かいます。 いつもなら、向かい風にあおられるところですが、日ごろの行いが良いのか風は、穏やか。 しかし、 黒岩水仙郷序盤の上りは、相変わらずキツイです。 登り切ったtころで、メンバーの一人が足に違和感が出たとのことで、長めに休憩。 その後、「ダッ!」と下って午前中最後の上りをアタック!
 予定通り、お昼までに福良に到着し、この時のAVが28㎞/h。(AV(アベレージ)は参考までで普段あまり気にしません。)
 ここで、おまちかねの昼食でーす。

・・・つづく
 

フタバ・ビッグプーリーキットインプレ2

| コメント(0) | トラックバック(0)

 先日、軽くインプレを行った「フタバ・ビッグプーリーキット」ですが、昨日の夜
少し調整を変えてみて、走ってみました。 前回より良く回る様になりました。
 基本的コメントは変わらないのですが、更に気づいた点を補足をしておきたいと思います。

180529cent_hpd4bigply.jpg 今回、装着した自転車の設定(50T‐34T×11T‐28T)では、ギアカセット7S~10S辺りを常用するのが率も良くお勧め。 上りはアウター50Tで、リア・11S/ 7-8-9S だと、負荷が少ない様に感じます。 ヒルクライム等では、記録が伸びるのではないでしょうか。
 私的にですが、オールラウンドに使うのであれば、ノーマルクランク(アウター52Tor53T)辺りの方が、使いやすいかと思います。 カセットは12T‐25Tの組み合わせが、お勧めかなー。 (コンパクトクランクでクルクル回せる若さ、心臓がないのがホントのところ・・・か・な?。(泣))
 
 もっと細かく書着たいとことですが、読んでるうちに日付が変わるかもしれないのでこのくらいにしておきたいと思います。

前回のインプレURL:http://www.サイクルはりま.com/specialdays2/2018/05/post-140.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


 

フタバ・ビッグプーリーキットインプレ

| コメント(0) | トラックバック(0)

 昨晩、フタバ・ビッグプーリーキットをセンチュリオン・ハイパードライブ4000に装着して、インプレとSDA王滝後のリハビリを兼ねて、兵庫県明石市南二見/人口島(通称)※工業団地です。まで、走ってきました。
cent_hpd4_bigply.jpg 今回、SDA王滝後、ロードバイクに乗ったので、コンパクトクランク(50T-34T)にクランク長165㎜(MTBは175㎜)は、違和感(さすがに10mm差はデカい。)ありましたが、その違和感を上回る性能アップでしたので、参考にはなるかと思います。
 まず、純正と比較してですが、セラミックベアリング採用(ビッグプーリーだけあってビック...リです。m(__)m)ですので、プーリーそのものの回転は非常に軽やか。 総重量(ケージ+プーリー)約18gの重量増は、変速時に若干感じられれるものの、変速性能は純正とさほど変わりませんでした。(これまた、ビックリ。) hpd_bigply.jpg
 踏み込みも軽く、「アウター ×9S・10S」後と1枚、2枚重めのギアが使えますので、全般スピードは伸びます。 登坂も1枚重めのギアが使えるほどですので、楽ができるかなー。高架くらいでしたら、「アウター(50T)×9S-10S-11S」でも上れます。(流石に11Sはちょっとしんどかったかなー。)
 後見た目ですが、ブラックのアルミケージに15T-15Tのレッドプーリーの組み合わせですので迫力があります。(カッコも大事!)
 14,000円(税別)でこれだけの性能アップとなればこれは、アリですね。
 ご購入は、組付け調整は、当店でバッチリ対応いたします。
 ヨロシク!

※ビッグプーリーは、正しく組付け調整を行わないと、性能アップどころか、危険が伴います。 ご注意ください、

☆5/30補足を追加しています。 

  URL:http://www.サイクルはりま.com/specialdays2/2018/05/2.html

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ゴールデンウィーク企画:300㎞日帰りツーリング

| コメント(0) | トラックバック(0)
 あっという間に「ゴールデンウィーク」も終わってしまいましたね。
今日は、連休あけからあいにくの雨です。 心身ともに連休モードからエンジンがかかかるのに時間が掛かるかと思います。 事故、ケガのないように十分に配慮してくださいね。
 
 さて、5月4日は、ゴールデンウィーク企画ということで日帰り300㎞ツーリングを実施しました。
今回は、私と同じフレームの「SCOTT FOIL10」のチーム最年長「H」さんと2人だけ。 


 ルートは、
 加古川を北上し、国道372号線(通称:デカンショ街道)で篠山を超え、綾部に入り、道の駅瑞穂の里から、舞鶴とれとれセンターへ。 国道178号線天橋立。 そこから、国道312号線豊岡を目指し豊岡から国道312号線を南下。 生野峠を越えて、市川 -  福崎 -加西 ・・・と、最後はいつものルート。

mizuho.jpg AM8:00にスタートし、30㎞/h位で巡行していきます。(先は長い!) フォロー気味の風が走り安くて
篠山、綾部と順調に進んでいきます。
 12:00過ぎに道の駅:瑞穂の里に到着。 昼食で京丹波牛丼を食し、お土産に地産の「生シメジ」を頂きました。(嬉)
 食後、休憩の間に、グングンと気温が下がってきて「寒っ!」。・・・てな感じに。 ウインドブレーカーを羽織って舞鶴へ向けて出発!。 途中雨と強い向かい風で一次は、どうなるかと思いましたが、15:00頃、舞鶴とれとれセンターに到着。 ここでまた少し長めmaizyru_toretore.jpgのサムネール画像のサムネール画像の休憩をして15:30頃に「天橋立」を目指し出発。(ここで3年前の300㎞と同じ時間)
 天橋立まで、約20㎞+@程度のはずなのですが、丹後宇半島方面は、上り基調で走ってきた
距離を考えると少々つらい。 

 17:00頃に天橋立に到着。amanohasidate.jpg 名所までは、歩いていかなければならない様子。
 小天橋の開閉を見物したあと天橋立の入り口で記念撮影。 (全貌は船じゃないと見れないのかなー。 パワーボート乗ってみたかったー。)  
 天橋立から豊岡を目指し、国道312号線を探します。 途中国道175号の案内標識が見えて、時間も押しているので、そっちで帰ろうか」。...とも思ったのですが、せっかくなので「予定通り312号線で帰ろう」。...ということで312号線で豊岡を目指すことにしました。
 
 「豊岡まで50数キロ」。これが、地元(兵庫南部)なら、そんな大したことはないのですが、ここは、日本海側。  山の中でアップダウンにとんでいて、やや上り基調の道。 勾配は5~8%くらいだけど、さすがに足に来ます。 
 すっかり日も暮れて、気温も10度を切り、軽装の体には、少々つらいものがありました。 途中、何度か足がつりそうになり、3回目で長めに止まって、回復させ再スタート。 周りは、街灯もなく真っ暗で寒くて、感覚がおかしくなってきます。 
 
 20:00頃(過ぎていたかなー?)だったか、ようやく豊岡に入り、補給食も切れたので、コンビニで夕食。 長めの休憩ののち、生野峠を目指します。
 豊岡からだと「下るだけ」。と思っている方も多いかもしれませんが、生野峠までは、上り基調。 日本海からの吹き替えしの風にやられながら、進んでいきます。(辛)

yabusi.jpg 23時を過ぎてようやく養父市に入ります。 走行距離は、約250㎞ 出石の案内標識が見えて、ようやく見覚えのあるルートに出ます。
一旦、国道9号線に入り、和田山を目指し、そこから「朝来」方面へ南下。 

 生野峠に入ったのは何時かもうわかりません。
 生野峠、2つ目を越えてようやく下り基調になりますが、疲労と風で最初のペースは、ありません。

 日付が変わって、深夜1:00を過ぎると、走りながらですが睡魔が襲ってきます。 周りが真っ暗のせいか、目は開いていても脳のどこかが眠っている感覚。 頭の中と、体の動きがおかしいので、変に感じたら休憩をとるようにしました。

 AM3:00頃だったか、加西市のコンビニに到着。 そこから、権現湖をぬけて、店についたときは、夜が明けかけて・・・明けてた(もう、わからん。)かな・・・?。 今回のツーリング、かなり強行になってしまいましたが、日付は変わってしまったものの、「走行距離:343㎞」と過去最長記録で、事故、ケガなく、終えることができました。(寒かったー!)

 300kmだと天橋立から175号線で十分でしたねー。 けど、343㎞はいい経験ができました。 また、トライしてみたいと思います。  
 

■走行距離: 343.43km
■走行時間: 14時間36分
■所要時間: 21時間40分
■平均速度: 23.5㎞/h
■最高速度: ---言えせん。(多分なにかの間違い(笑))
■獲得標高: 2308m
■消費カロリー: 11649kcal
 
 --- おわり ---
 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★



ウェブページ

  • FELT
  • MTB
  • SDA王滝
  • その他
  • タイヤ・パーツ
  • ツーリング
  • ロードバイク
  • 展示会
  • 新着情報
Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちロードバイクカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはマウンテンバイクです。

次のカテゴリは告知です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。