競技の最近のブログ記事

181008_okayama_shibata.jpgのサムネール画像 10/8(祝)は、岡山国際サーキット・サイクルエンデューローを走ってきました。
参加種目は、2時間ソロ。 鈴鹿が終わってからも、ほとんど練習出来ていなかったのと
当日、85%まで来ていた調子がまた、崩れてしまった(脚の長さの差が開いてしまった。)のとで、今回は、2時間ノンストップの練習のつもりで出走しました。(・・・なので常に左端走行です。)
 
 今回は私を含めて3名(それぞれ2Hソロ)。「岡山国際サーキット」初走行者に試走をしてもらうべく、7時に現地入り。
 私は、朝飯を食いそびれて、試走準備の段階から

「腹へったー!」。

・・・の連発!。 とりあえず、「スポーツようかん」で空腹を紛らわせて、試走3周。(調子悪いのもあるけど、なんか力が入らん・・・。) 使用終了後、受付を済ませて、営業している屋台を探し・・・。 「ホルモンうどん」を発見!。

 

「朝から、しかも走る前にホルモンですか⁉」。

 

・・・と、周りからの突っ込み! 


「いいじゃねーか!」。 「すぐに消化しちまうから大丈夫さ!」。


 

・・・根拠のない言い訳をして、パクつきます。
箸が進むにつれて、顔色と声が戻ってきて・・・


「復活!」。

 

・・・生き返りました。

しかし、500円でトレイ「ぎゅぅ、ぎゅぅ」。のボリュームは、サイコーでしたねー。 

 

「来年も食べに来よー!」。 (・・・違うか!)


戻ってから、3本ローラーで軽くアップ。
ちょうどいい機会なので、3本未体験のメンバーに挑戦してもらいました。
ちょっと難しかったみたいだけど、何回かやれば、すぐに回せる様になります。

・・・出走30分前に再度アップ。 程々で20分ほど回しますが、なんか、また腹が減ってきたような・・・。

 

・・・つづく

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mail

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 

 

 

シマノ・鈴鹿ロード/2018 その③+α

| コメント(0) | トラックバック(0)
 
 ・・・てな感じでした。

 1時間のサイクルマラソンは、頭を練習に切り替え、序盤はアップ
がてら程々で走り、体が慣れたtころで、色々と探りながら、試しなが
ら、周回を重ねて行き、走り切りました。
 
 オートバイでレースやってた頃、先輩に
 
 「本番(レース)は、最高の練習だ!」。

・・・と教えてもらったことがあります。
 やはり、普段の練習と違って(・・・と言ってもあまり、走れていませ
んが・・・。)
本番特有の緊張感がありますので、思いの他

「おーッ!」

・・・というような、良いポイントが発見出来たり、記録が出たりします。
今回の

「おーッ!」

・・・と、いうポイントを忘れないように、今詰めていっているとことです。

 ホントは、専属のドクターなんていたら、一番良いのですが
アマチュア・プライベートチームにそんな予算はありませんし、仕事柄
頻繁に整形や整体に通う時間もありません。(個人事業主は忙しい。)
 言い訳に聞こえるかもしれませんが、体にいろいろ問題を抱ええ
ていると、大変です。 けど、それもひとつづつ、解決していくと、勉強
にもなりますしの過程が面白いんです。
 
「そんなもので人を教えられるのか!」。

 ・・・と、いう人もいますが、私の場合は、特殊な事情があります。 
お客様に教えることは、ポジション合わせやペダリングの基本+α。
 実力をつけようと思えば、効率の良いトレーニングと反復。 
それだけです。
 もちろん、自転車の組み立て調整もしっかりやってますよ。  
 
 大事なのは、教えてもらう側が、自分が何に困っていて、何が悪くて
どうしたいかを相談相手にっかり伝え、教えてもらったことをしっかり
理解して、改善していく。 そっちの方が、教える側より、大事かと思い
ます。 それができる人が、トップ選手に近づけ、才能のある人が
トップ選手になれるんじゃいでしょうか。
 
 「じゃ、AV40km/hで引っ張れるのか!」

 私の調子いいときで35~37-8㎞/h巡行位ですが、早い人に金魚
の糞みたいにくっついていても、それで実力が付くとは思わないですよ。
それなら、自動車かオートバイにでも引っ張てもらえばいいんじゃない
ででしょうか。
 公道は信号や一旦停止も止まらないといけませんし、2段階右折もしな
いといけません。
 
 「自転車ならOK」。
 
・・・とかって訳の分からん理屈で「ブッチ」する、自信過剰に引っ張って
もらうよりはマシかと思います。
※そんな人ばかり、ということではありません。 ただ、見る限り多いのも事実です。
 
 アマチュア選手。 普通の仕事もあるので練習時間にも限りがあります。
プロ選手やセミプロの選手の様に生活の中心を自転車の方へ持って行
けない方がほとんどです。
 たとえ、平均より遅い人がいても、それを貶したりするのは、如何なもの
かと思います。
 
 1時間エンデューロー、ゴール後、

「ペダリングへたくそ!」

・・・とか、心無い人が、プラットホーム上から叫んでましたが、

「言う人がおかしい」。

 ま、そんな人は、どうでもいいのですが・・・。
とにかく、アマチュアスポーツ(特にイベント)いろんな考え方があり
いろんな事情を抱えている人がいます。 
 何が言いたいか、

「自分が一生懸命やればいいんじゃないですか」。

・・・ということです。
 
 もちろん、優勝できる人、上位の人は、それまで努力し、頑張って
きて、結果を出したのでスゴイことです。  最下位の人も、その時出来る
だけの力を出しての結果。 また、何かの事情で力を出し切れなかった
かもしれません。  しかし、誰もそれを責められません。 
 
 「早いやつがえらい」。

それは、プロの世界です。

 頑張って買った高いロードバイク。 思いっきり走らせる場が

「シマノ・鈴鹿ロードレース」

かと思います。 その「思いっきり」のレベルは、人それぞれ。  誰もケチ
をつけることはできないかと思いますよ。

 
 ・・・なんだかんだありましたが、今年も「シマノ・鈴鹿ロードレース」楽しま
せて頂きました。
 来年も出場しますよ!


シマノ・鈴鹿ロード/2018 
  おわり

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★


   


 



 

 








シマノ・鈴鹿ロード/2018 その②

| コメント(0) | トラックバック(0)
 40代マスターズB1組ゼッケン№10の私は、グリッド最前列。 
※歳がバレたー(笑)
崩れた調子で「不安満載ー」。の私は、「すすー」。・・・と後方へ
隠れるように下がると・・・、

「10番さん、一番前ねー」。

 ・・・と、最前列へ、戻されてしまいました。(泣)
 スタート時間が近づくにつれて、緊張が高まります。

「パーン」

 ・・・とスターターの合図で、「40代マスターズB1組」がスタート。
メインストレート、最終コーナー(逆回りなので)めがけて、加速
していきます。
 みんな仕上げてきてるので、スタートから、めちゃくちゃ早いです。 
 調子が悪いとはいえ、最前列から、一気に後方へ下がるのは
さすがに恥ずかしいので、少し下がるも、何とか最終→シケイン
・・・と先頭集団に食らいついていきます。
 しかし、アップができていなかったので、息が上がり始め、130R
あたりまで何とかちこたえますが、バックストレートで集団から離され
始めます。 苦しいながらも団が見えるところまで持ちこたえ
スプーンを過ぎてヘアピン。 集団が大周りで入っていったので

「ひょっとしたら・・・」

と、インめがけて飛び込むと、差が一気につまり

「も一回、集団に入れるかなー」。

・・・と、思ったもですが、追いついたのもつかの間、息が完全に上がって
しまって、またされ始めます。 
・・・デグナー手前だったか、前方で落車!

「落車―!」。

・・・と、後方へ大声で叫ぶと、酸欠気味・・・。(情)
・・・失速して、どんどん先頭集団が小さくなって・・・

「あ~あー」。

そしたら、今度は、いつもの病気(病気なのか)。 左足に力が入らない・・・。

「完全に終わったなー」。

・・・で2周を終えゴール。

・・・つづく

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま

URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017年SDA王滝5月大会(あとがき)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 10月に入って秋らしくなったかと思いきや、昨日今日と日中は少々蒸し暑いでしょうか。
先日、最終回を書き終えたSDA王滝ネタですが、「なんで5月が今頃?」とお思いの方も
多かったかと思います。 「なぜ、今頃か?」・・・それは、業務はもちろん、鈴鹿ロードレースの段取り、鈴鹿が終わったら、王滝9月大会のだんどり・・・となんやかんやであっという間に9月に入ってしまったためです。・・・すみません。m(_ _)m  
 ちょうど9月大会が台風で中止になってしまったので、5月大会を書いた次第でした。
  
 5月大会も昨年、大雨の9月大会に続き、DNFとなってしまったわけですが、まさかトイレに行けなかったことが、こんなに響くとは、思いませんでしたね。 次は、そのあたりもしっかりと管理していきたいと思います。
 今回、第3CPでDNFとなったわけですが、これで下山コースも第1~第3CPまですべて、制覇したことになります。※記録は大したことありませんが、ちゃんと完走実績もありますよ!
 これは、池田祐樹選手も経験していない事はでないでしょうか。(笑) これだけ、王滝のコースを走りつくしたのですから、11月大会こそは、マシな結果を・・・といいたいところですが、私は、11月の長野県を全く知りません。 1~3月はスノーボードとかで訪れたことがあるので、気温とか想像がつくのですが、11月しかも19日という12月寄りは、寒いのは想像つくのですが、冬場めったに雪の積もることのない兵庫県南部に生息するわたくしには全くの未知です。

 先日の展示会で、池田祐樹選手とお話しした際、池田選手も「何があっても対処できる装備は持っていきますよ!」。とのことでしたので、現地で対応できるだけの装備は準備しておきたいと思います。  

 最後に、SDA王滝のネタを掲載するにあたり、レース中、「実際にあったこと」「思ったこと」を少々パロディーチックに仕上げています。(8割5分7厘はそのまんまかな(笑)) できるだけ、簡潔にわかりやすく仕上げているつもりですが、芥川賞を狙えるほどの文才はないので、読みづらい、わかりにくい点がありましたら何卒、ご容赦ください。
 「老若男女とわず、MTBに関心をもってもらって、SDA王滝に参加していただけたら」。 ・・・が、私の思いでもあります。 

  

2017年10月9日
サイクルライフはりま
代表 柴田 裕司

 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017年SDA王滝5月大会 (第2CP~)

| コメント(0) | トラックバック(0)

 第2CPに入ってすぐ、先行していたはずのセンチュリオン・バックファイヤー600の「I」君がいるではないですか。

「どうした?」 

「なんで居る?」

「腰が・・・」。


 どうやら腰を痛めたようでリタイアするとのことでした。 腰は大事にしないと一生響くので仕方がありません。

 
 ・・・「I」君と話をしながら、水をかけつけ3杯。


「第3走る方、すぐに出てくださーい」。


 スタッフの方からの声。


「柴田さん・・・行くんですか?」


「バカヤロー」。 「男がここで行かなくてどうすんでぃ」。

「ここは15㎞程で、下りで稼げる」。「上りで落ちなければ第3入れるかもしれない」。

「第3入れれば、ギリギリで完走できる」。

「可能性あるなら走るべし」。「これで完走できれば、話しのネタとしても面白いだろー」。


「・・・そ、そうですか?」。


 ハイドレーションの水を補給して・・・

 

「第3走る方、すぐに・・・!!」。


・・・とスタッフの方から催促!


「下山コース、気を付けておりんだぞ」。

 

「すみません」。「第3入らせてもらいます」。


・・・とスタッフの方に声をかけて・・・・。

下り全開でバテれば上りでアウト!

一か八かの賭けで第3REGに入りました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

2017年SDA王滝5月大会 (スタート~第1REG)

| コメント(0) | トラックバック(0)
 AM6:00スタートは切られましたが、なにせ人数が多いので中々前に進みません。
 スタートゲートを過ぎるまでは、大渋滞。 超低速でブレーキをかけるのでつんのめってしましそうになます。 スタートゲートを過ぎてからは、橋を超えるまでは下りなので、ペースは上がりますが、SDA王滝の朝は寒いです!(今回はウインドブレカーなしでスタート) 
 センチュリオンハイパードライブ600の「I」君に追いついて、ひたすら「寒い」を連呼。(フェイスブック動画参照。
 今回は、本番までにMTBは2回しか走れていませんでしたが、そこそこ調子いい。 前日に交換した
「クロス48ペダル」がいい感じにフィットして、しっかりペダルを踏み込めます。 林道までのアスファルトをシャンシャンと進んでいきます。
 何キロかは走って・・・(サイコンのログを入れ忘れた。)林道入り口。 中段くらいだと、ここはいつも渋滞します。 何とか抜けて、林道へります。 林道に入ってからは、上り基調。 今回は、自転車も軽く感じでそこそこ調子がいい。  ・・・しかし、いつもですが、第1REGの林道1発目の登り、こんな長かったかなーと、感じます。 
 ようやく、10kmポイントをすぎ、進んでいきますが、ここまで調子よく走った分、少々バテテきて、ペースが落ち始めます。 ようやく、下りポイントに入るも、足に踏ん張りが効かず、下りもスピードがのりません。 急ににQファクター(シャレではありません(泣))を急に変えたためかもしれません。
 
 「やばいー!(;'∀')」

20㎞、30㎞ポイントと進みますが、時間を稼ぐことはできません。
AM9:34 かなり遅めの第1CP入りとなりました。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

シマノ・鈴鹿ロードレース・2016

| コメント(0) | トラックバック(0)

8月21日。 
今年も行ってきました、シマノ・鈴鹿ロード。
とにかく、暑かったー。 
午後以降は、コース付近の気温は、40℃を超えていたとか!
プラットフォームの鉄の柵に腕を突こうものなら、「ジュッ‼」・「アツ‼?」...てな感じで
ものすごい日差しでした。
 そんな中、私はSCOTT/FOIL10+DURA ACE/11Sで40代マスターズと1時間サイクルマラソンを走り、LAPIERRE/PULSIUM500の「H」さんは50代マスターズと1時間、SCOTT/ADDICT10+105/11Sの「Hさん」は一番暑かった14:00出走の2週の部を走ってきました。 ADDICTの「H」さん走り終わった後は、見事にゆだってましたね。 ホントお疲れ様でした。 チーム最年長、PULSIUM500の「H」さんも今年もお疲れ様した。 来年も走りましょうね。
 「今年こそは!」と挑んだ私ですが、40代マスターズは、スタート後、何を血迷ったか、トップ争いをしてしまい、

YouTUBE URL: https://www.youtube.com/watch?v=iQAt10MTtHM

1コーナー(正周りだと最終コーナー)手前50mでトップにでたものの、1コーナー直前で失速してしまい、わずか50mだけ、トップという結果でした。 1時間サイクルマラソンは、センサー無しで走って(泣)しまい記録は残っていませんが、誤差を加味したサイコンでのAVは、32㎞/hという結果でした。 マシンの2016鈴鹿ロード.jpg仕様で行けば、トップに絡める仕様なのでもっと上を目指さないといけませんよねェ。 「右足が結構、短い」
対策もいい方向に向かっていますので、ボチボチですが、上げていきたい(上がっていく)と思います。

 あ、そうそう。 今回の鈴鹿がバイシクルチーム「STRIDE(ストライド)」のデビューとなりました。 NEWジャージも製作しました。 これから、各々の「ストライド」で自転車を楽しんで(上げて)行こうと思いますのでヨロシクお願い致します。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: http://www.specialcycle.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★ 


 

鈴鹿ロードレース2015

| コメント(0) | トラックバック(0)

 8月23日、待ちに待っていた、ホビーレーサーの祭典、鈴鹿ロードレースに参加してきました。
当店からは6名の参加。 鈴鹿のフルコースを満喫すべく、40代の部をFELT AR1の私。、50代の部をBH QUARTZのHさん。  ANCHOR Cr-MoのK君とLAPIERRE XELIUS ULTIMATEのI君は3周の部を出走。 +XELIUS400FDJ、SENSIUM100forULTEのNさん親子の6名全員で1時間のサイクルマラソンを出走し、鈴鹿の夏を楽しんできました。

・・・で、昨年を上回る記録を目標にしていた私の結果ですが・・・。

「も、申し訳ございません!!」。※大泉洋 風で...。 /(_ _)\
大会当日に調子をピークに持っていくつもりが、なんだかんだで疲労がピークになってしまい、不甲斐無い結果になってしまいました。 ...でもって様子を見てきたチェーンリング54T-42Tですが、淡一で53T‐39Tに変更し、10日ほど使ったところで、出発の前日に54T-42T戻したのが大失敗。 疲労ピークの体では足がついてこず、回し切ることが出来ませんでした。 リタイヤも...考えましたが、「何か得るものはあるはず!」と色々と試しながら走り切った次第です。
昔、オートバイでレースをやっていたころ、先輩に「レースは最高の練習の場(ステップアップできる場)」と、教えていただいたことがあります。 本番での緊張感とハイテンションが新しい発見を生み出してくれます。  周りやギャラリーの視線が結構、痛かったですが、それは自分の責任。 また次に活かしていきます。
 そんな中嬉しかったのが、40代の部のスプリントのメインスタンド(ホームストレート)前でどこのチームの方か分かりませんが、「頑張れ―!!」「ギア重いよ~!!」と激を飛ばしてくれました。 疲労で「ボーッ」としていたところ我に返り、インナーに落とした次第です。(メインスタンド前からシケインまで緩い上りです。) 

 ...で私以外のメンバーも、鈴鹿を堪能して頂けたようです。 堪能しすぎた? 
競技が終わった後のブース周りも楽しかったですね。

 大取の国際ロードレースも迫力満点でした。(...と言いつつ間半分爆睡してしまいました。)

また、来年も参加しましょう。 

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★  

SDA王滝・2015・春 ~第3Reg~

| コメント(0) | トラックバック(0)

 第2CP・・・。

 「チームGTジャパン」の「N」さんが見えたので、隣で休憩させていただきました。

 「お疲れ様ですっ」。

 「去年より少しだけ早く(第2CPに)入れました」。

 「ウデ、怪我してるじゃないですか!」

 「第1の砂利の下りで調子に乗って・・・でも大したことないですよ」

・・・なんてやり取りをしながら、補給と第3へ向けての準備を・・・。

 数分後「N」さんが

 

 「お先に!!」

 

・・・と出発

 

「頑張って下さい!」

 

・・・と激励をして、しばらくして私も第3REGに入りました。

しばらくは、下って、上っての繰り返し・・・。 しばらく走って右ターン。

 

 「これがあったんだ!!」

 

 石ころのガレ場の上り。 幅は狭く、ラインは一本しかありません。

ここは上り切りたいところ。 スピードは遅いものの、頑張って上ります。

 

 「すみません。 ライン開けてもらえると助かります!!。」

 「あっすみません」。

 

・・・と前方の押しの方にラインを譲っていただき、上っていきますが、前方の右ターンが見えたところで呼吸が荒くなって、足をついてしまいます。(あともう少しだったのですが...。(惜)) 

右側のシューズがペダルから外れないのでシューズを抜いてペダルからもぎ取り、クリートを締め直します。

・・・すると、押し組の方が上がってきて、

 

 「がんばりましたね」

 

・・・と声を掛けてくれました。 嬉しいですよね。

その後、補給をしていると・・・


 「たたぁ~かう♪おーとこたちはぁ~♪」

 

・・・どこかで聞いたことある曲が・・・。(BGMをかけながら走って行った選手から)

 

 「ハモンさんなのか?」(ちがう、ちがう。)

 

 「こっ、これは劇場版機動戦士ガンダムPtⅡ哀戦士のテーマじゃないか!」(古谷さんの声をイメージしてください。)

 

 「やるな、少年ン!」※ランバ・ラルをイメージしてください。(知らない人のために補足)。

  「気に入ったぞ!! 水を一杯おごらせて・・・・」

  「・・・て、おらへんがなぁ!」。

・・・なあ~んて。

 

懐かしい音楽が、少々気付けになったみたいで・・・

 

 「やれるのか!」(byアムロ・レイ)

 

・・・と冗談をつぶやきつつ、「哀♪震え~る哀♪それは、別れう~た~♪」...と歌いながら、再スタートをきり・・・

第3CP入りとなりました。

 

・・・つづく

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

SDA王滝・2015・春 ~第1Reg~

| コメント(0) | トラックバック(0)

  スタート直後、KONA FireMountaiの「K」君が、「頑張りましょう!!」...と、ハイペースで先行。
続いて、CENTURION BACKFIRE600の「I」君が若さでゴリゴリ先行。 私は、ボチボチで22~25km/h
でアップしながらマイペースで走ります。 林道入口で相変わらずの渋滞。 そこは焦らず成り行きで抜けていきます。 しばらく走って、右ペダルのビンディングに違和感が出てきますが、距離と時間を稼ぎたいのでそのままで、走りますが、10㎞位だったかやっぱり気になるので早い目に確認、処置しておこうと、止まりますが、右足がペダルから外れません。

「やっちゃったか!?」

 恐らくクリートのネジが緩んだのだろうと、靴を脱いでペダルからモギ取ります。
予想通り、1本抜け落ちてました。 予備のネジはないので残った1本を思いっきり締め込んで走ることにします。 左側も増し締めします。

「おかしいな? ちゃんとしたとトルクで絞めたのにな?」

 原因ですが、大会前日の試走でクリート位置が気になって※、「今、変更するのもどうか?」と迷い結局、大会当日の朝変更したのですが、クリートに砂や泥がこびりついた状態で調整したのでシューズとクリートの間、ネジのあいだへの異物ガミの可能性が高いかと思われます。 調整後締めなおしも行ったのでほゞ間違いないでしょう。 ...当日にこんなことするようじゃダメなんでけどね。


 このトラブル、最後まで付き合うことになります。 ...そんなことしてる間にどんどん抜かれてほゞ最後尾あたりからのレース続行となります。(せっかく前の方に並べたのに...。)
 今回の目標の一つ、「第1CPを3時間切りで入る」...があるので、あわてずに急ぎます。
上りは速くはないけど、淡々と...(相変わらず上りは長い。) ここ最近、押さえていた下りも「ダーッ」...と、下ります。 砂利の下りも「チョリ、チョリ...」と滑らせながら曲がっていきます。

「まあ、まあの調子カナ?」

...とライトジャンプを楽しみながら、調子に乗ってペースを上げて行ってしばらく・・・。

「チョリ、チョリ...」
「スパーン!!」

・・・とスリップダウン!!

落車してしまいました。
「軽くコケタだけなので、大したことないだろう」。 ...と、血のにじんでいる左ひじ(後の話結構深かった)と、ぶつけた左腿(これも結構なものでした。)をチラ見してすぐに再スタート。 距離を稼ぎます。
今年も、綺麗な御嶽山を横目に8時50分で残り?㎞

「無理かな~?」

...9時9分第1CP入り。 目標は達成できませんでしたが、自己ベスト更新でのクリアとなりました。

 ...つづく

※現在、腰の治療中で骨盤の傾きが変わってきたのか、急にクリート位置に違和感が出てきた。

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

サイクルライフ はりま
URL: サイクルはりま.com

〒675-0132
兵庫県加古川市別府町宮田町54-栄光ビル-103号
TEL/FAX 079-490-3650
ブログ、その他に関するお問い合わせは下記E-mailで
otayori@cycleharima.com 

通販サイト: URL:http://specialcycle.cart.fc2.com/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ウェブページ

  • FELT
  • MTB
  • SDA王滝
  • その他
  • タイヤ・パーツ
  • ツーリング
  • ロードバイク
  • 展示会
  • 新着情報
Powered by Movable Type 4.261

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち競技カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは新着です。

次のカテゴリは製品紹介です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。